WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

Ad

WordPressでは記事に対してカテゴリーを設定することで、記事をグルーピングすることができるようになります。

今回カテゴリーの設定に関してご紹介していきます。


【目次】
  1. カテゴリーを新規作成
  2. カテゴリーの編集と削除
  3. カテゴリーを階層構造で設定
  4. カテゴリーのウィジットを設定
  5. カテゴリーごとのアーカイブページを表示
  6. デフォルトカテゴリーを設定

WordPressの使い方:新規カテゴリーを作成する

今回は新規にカテゴリを設定する方法として、事前にカテゴリーを新規作成する方法と記事投稿時にカテゴリーを作成する方法についてご説明します。

事前にカテゴリーを新規作成する

まずは記事を作成する前に事前にカテゴリーを新規に作成します。

左のメニューから「投稿」>「カテゴリー」投稿ページで「メディアを追加」をクリックします。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

「カテゴリー」画面が表示されます。

初期設定の状態ではカテゴリーは「未分類」のみとなっています。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

新規にカテゴリーを設定する場合は、左側の入力項目に必要な情報を入力します。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

名前ブログや記事に表示されるカテゴリー名
スラッグカテゴリーをURLに含めたパーマリンクの設定にしている場合に使用されます。
階層構造で設定されているカテゴリーで、
入力中のカテゴリーの上位階層になるカテゴリーを選択します。
上位階層が必要ない場合は未選択状態で問題ありません。
説明カテゴリーの説明になります。
基本的にはブログに表示されることはありませんが、
テーマによっては表示されることもあるようです。
入力が完了したら「新規カテゴリーを追加」ボタンをクリックします。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

カテゴリーが正常に登録され、表示されていることが確認できました。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

記事を投稿するときにカテゴリを作成する

続いて記事を投稿するときにカテゴリーを作成する方法についてご説明します。

まずはメニューから「投稿」>「新規追加」をクリックします。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

「新規投稿を追加」画面の右下にカテゴリーを設定する領域があります。

カテゴリー一覧にはすでに登録済みのカテゴリーが表示されているので、既存のカテゴリーを使用する場合はチェックボックスにチェックをします。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

新規にカテゴリーを追加する場合は、「新規カテゴリーを追加」リンクをクリックします。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

カテゴリー名の入力欄が表示されます。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

設定したいカテゴリ名を入力します。スラッグの入力欄はありませんが、カテゴリ名と同じ内容が設定されます。

親カテゴリーがある場合は「親カテゴリー」を選択して「新規カテゴリーを追加」ボタンをクリックします。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

カテゴリーが追加されて、正常に登録できました。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

「カテゴリー」画面を確認すると、設定したカテゴリーが表示されていることが確認できます。

WordPressの使い方:カテゴリーの設定


次のページ ▶ 「WordPressの使い方:カテゴリーの編集と削除」について紹介します。

Ad
by

IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。