WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

WordPress5.8対応へ!公式テーマLIQUID PRESSバージョンアップ!

WordPress5.8対応へ!公式テーマLIQUID PRESSバージョンアップ!

WordPress公式有料テーマのLIQUID PRESSがWordPress5.8対応とバージョンアップされました。
便利な新機能や、お得なキャンペーン情報をご紹介します!

LIQUID PRESS

WordPress5.8/PHP8対応

WordPress 5.8では、新しいブロック、ウィジェットブロックエディター、WebPサポート等の新機能が搭載されました。また、PHP8では、処理速度の向上により、以前のバージョンに比べてパフォーマンスが向上します。
WordPress公式サイト:WordPress 5.8 Tatum

LIQUID PRESSは、WordPress5.8/PHP8に対応しました!
※WordPressおよびPHPのバージョンアップは、本体やプラグイン等の対抗状況をご確認ください。

スライド系ブロック対応

LIQUID PRESS のバージョンアップで、スライド系ブロックに対応しました!

最新のウィジェットブロックエディターにも対応しているため、ウィジェットエリアにスライダーを配置することができるようになりました。これにより、カラムの表示の幅が広がり、より多様性のあるハイクオリティーなページをつくる事が出来ます。

カラムスライダー

カラム単位でスライドさせることができます!カラムの中は自由にブロックを挿入可能。用途に合わせた組み合わせで、オリジナルのスライダーを作成することができます。

レスポンシブ対応。スマホは左右にスワイプして切り替え可能。矢印を押下してスライドする事も可能。カラム数/表示数の変更、自動/手動スクロールの設定も簡単操作で編集可能。

◀サンプル

見出し

カラムスライダー 1

見出し

カラムスライダー 2

見出し

カラムスライダー 3

見出し

カラムスライダー 4

見出し

カラムスライダー 5

見出し

カラムスライダー 6

設定方法

カラムブロック全体を選択し、サイドバーのスタイルで Column Slider を選択します。

スライド設定の表示数が、画面上に表示される数です。カラムの方が多い場合、左右にスライドします。また、スライド形式で 自動スクロール手動スクロール を選択できます。

自動スクロールの場合、一定の速度で1カラムずつ自動でスクロールします。
手動スクロールの場合、左右に出る矢印をクリックすることによりスクロールします。

設定方法(ウィジェットブロック)

管理画面>外観>ウィジェット から、記事ページと同じようにブロックエディターでウィジェットを編集することができます。

カラムスライダーを操作した感想

おどろくほど簡単にスライダーが設定できます。
設定の自由度も高く、カラム数、表示数、スクロール方法も簡単に変更できるので、イメージ通りのサイトに仕上がりました。レスポンシブ対応なのでスマホやタブレットで見たときも、タップで直感的に操作する事ができました。

フェードスライダー

自動でフェード切り替えするギャラリーを作成することができます!
Webサイトのトップページなどでよく使われる表示方法で、シンプルな操作で簡単に取り入れることができます。

レスポンシブ対応。矢印を押下して画像を切り替えることも可能。カラム数/サイズの変更や、それぞれの画像にリンクを設定する事も可能。

◀サンプル

設定方法

ギャラリーブロックを選択し、サイドバーのスタイルで Fade Slider を選択します。

フェードスライダーを操作した感想

ページの見栄えが格段に良くなり、フェードのタイミングも秀逸、プロ並みのサイトになります。
設定方法もシンプルで分かりやすく、カラム数の変更や、それぞれの画像にリンクを付けることも簡単にできました。スマホやタブレットで見ることも多いので、レスポンシブ対応している事も魅力です。

GoogleアナリティクスGA4対応

Googleアナリティクスの最新バージョンGA4に対応しました!
旧IDにも対応しています。どちらか一方のみ設定します。IDを入力すると、アクセス解析タグが自動挿入されます。

GA4とは?

「Google アナリティクス4 プロパティ」の略で、2020年10月にリリースされた次世代型のWebサイトにおけるオンラインデータ解析ツールです。ユーザー(顧客)を軸とした計測ができ、「アプリとウェブをまたいだ計測」「Googleの機械学習モデルを活用した予測機能の導入」「プライバシー重視のデータ収集」の機能が搭載された事が大きな特徴です。Google アナリティクスのデフォルトプロパティとなり、今後もさらに新たな機能が導入される予定です。

LINE/Linkedinアカウント設定の追加

SNSアカウント設定に、LINE / Linkedin が設定が追加されました!
簡単設定でアイコンやリンクを表示したり、SNSウィジェットとして配置することができます。

Lineは国内8,800万人以上が利用しており、サイトにアカウントを載せる機会も多いのではないでしょうか。
Linkedinは世界最大級のビジネス特化型SNSです。全世界での登録者数は5億4千万人を超え、国内でもすでに200万人以上が登録しています。

設定可能なSNSアカウント

Facebook / Twitter / Google+ / Tumblr / Instagram / YouTube / Flickr / Pinterest / LINE / Linkedin

ブロックスタイルの追加、UI改善等

コードブロックに、darkスタイルが追加されました!
黒い背景だとコードエディター風の見た目になりますね。

<?php
define("DB_NAME", 'sample')

また、メディア系テーマ(MAGAZINE、INSIGHT)のヘッダーに検索アイコンが追加され、すぐに検索できるようになる等、UI改善にも対応しています。

検索アイコンをタップすると、すぐにキーボードが立ち上がる便利な仕様です。

その他、詳しくは公式サイトをご覧ください。

互換性

LIQUID PRESS では、互換性を重視した開発を行っており、例えば、テーマを変更してもカラムスライダー等は問題なく(スライドなしで)表示されます。

デフォルトテーマ:Twenty Twenty-One を有効にした場合

WordPress公式テーマLIQUID PRESS について

最新版 WordPress に対応する、WordPressテーマ&プラグインを提供しています。 LIQUID PRESS は、WordPress公式有料サポートテーマディレクトリに登録されています。

LIQUID PRESS


キャンペーン中!

LIQUID PRESS を紹介して応募すると最高賞金10万円!

LIQUID PRESSは、A8 .net の「300万メディア突破記念キャンペーン」指定プログラムです。
LIQUID PRESSの商品を紹介した内容を応募すると、最高賞金10万円のボーナス報酬GETチャンスです!

さらに、期間中は報酬も2倍!セルフバックも対応しているので、自分で購入してもOKです。

キャンペーンの詳細はこちらをご覧ください。
https://support.a8.net/as/campaigns/3million/
期間:2021年10月12日(火)〜 11月30日(火)まで

キャンペーンは残り数日ですが、この機会に LIQUID PRESS テーマを購入&紹介してみてはいかがでしょうか。