WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

WordPressの使い方:カテゴリーの設定

Ad

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

WordPressでは初期状態で初めから登録されているデフォルトカテゴリーというカテゴリーがあります。

記事を投稿するときにカテゴリーを設定しないときにデフォルトカテゴリーが設定されるようになっています。

今回は、デフォルトカテゴリーの設定方法についてご説明します。


【目次】
  1. カテゴリーを新規作成
  2. カテゴリーの編集と削除
  3. カテゴリーを階層構造で設定
  4. カテゴリーのウィジットを設定
  5. カテゴリーごとのアーカイブページを表示
  6. デフォルトカテゴリーを設定

デフォルトカテゴリーの設定を確認する

まずはデフォルトカテゴリーがどのように設定されているか確認してみます。

管理画面の左メニューから「投稿」>「カテゴリー」を選択します。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

「未分類」となっているのが、デフォルトカテゴリーです。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

デフォルトカテゴリーにマウスカーソルを合わせると、他のカテゴリーとは異なり「削除」が表示されていないことがわかります。

デフォルトカテゴリーは削除することができないようになっています。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

記事を投稿したときにデフォルトカテゴリーがどのように設定されるか確認する

記事を投稿するときにカテゴリーを何も設定しないと自動的にデフォルトカテゴリーが設定されるようになっています。

実際に記事を投稿してみてデフォルトカテゴリーが設定されることを確認してみます。

新規に記事を作成します。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

デフォルトカテゴリーである「未分類」を設定することもできますが、今回はカテゴリーを何も選択しないで記事を公開してみます。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

投稿一覧を確認してみるとカテゴリーが「未登録」で設定されていることが確認できました。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

ブログの記事を確認するとカテゴリーが「未登録」になっていることが確認できました。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

デフォルトカテゴリーを名称を変更する

デフォルトカテゴリーは初期状態では「未分類」となっており、削除することができませんが別の名称に変更することができます。

では、カテゴリーを編集するためにカテゴリーページを表示しましょう。「未分類」にマウスカーソルを合わせて「編集」リンクをクリックします。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

カテゴリーの編集ページが表示されるので「名称」を「その他」に「スラッグ」を「etc」に変更して「更新」ボタンをクリックします。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

カテゴリーを確認すると「その他」に変更されていることが確認できました。

WordPressの使い方:デフォルトカテゴリーを設定する

「未分類」の状態ですとカテゴリーを設定していないような印象を受けますので、「その他」などで設定しておくとよいでしょう。

以上、WordPressのカテゴリーの使い方を紹介でした。


【目次】WordPressの使い方

おすすめWordPressテーマ

WordPressテーマ関連記事

Ad
by

IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。