WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

WordPressの使い方:サイトを検索エンジンのインデックス登録設定をする

Ad

WordPressでは各記事でパスワード設定をして簡単に非公開にすることができますが、ブログ全体でパスワード設定をするには、プラグインを導入したり、Webサーバーにパスワード認証の設定する必要があります。

会員制サイトで一般ユーザーに公開したくないときや本番サイトとは別にテストサイトがあり一般公開したくない場合は、ブログを検索エンジンにインデックスさせにようにして、GoogleやYahooの検索エンジンで一般ユーザーが検索できないようにすることができます。(ただし、URLを直接入力することでブログやサイトを見ることができます)

WordPressで検索エンジンのインデックスに登録するかどうかの設定

  1. 左のメニューから「設定」>「表示設定」を選択します。

    WordPressの使い方:サイトを検索エンジンのインデックス登録設定をする

  2. 検索エンジンに登録したくない場合は「検索エンジンがサイトをインデックスしないようにする」にチェックをして、検索エンジンに登録したい場合はチェックを外して、「変更を保存」ボタンをクリックします。チェックを変更してもすぐに検索エンジンにはすぐに反映されず、しばらく時間がかかります。

    WordPressの使い方:サイトを検索エンジンのインデックス登録設定をする

WordPressでインデックス設定によるHTMLの変更内容

検索エンジンをインデックスをしない場合は以下のようなmetaタグがHTMLに追記されるようになります。

<meta name='robots' content='noindex,follow' />

「noindex」は検索エンジンにインデックスしないという意味になります。

「index」は検索エンジンにインデックスするという意味になるのですが、WordPressの設定でインデックスする場合は、metaタグそのものが存在しなくなるようです。

一般公開前に「検索エンジンにインデックスしないようにする」設定をしていて、一般公開のときに「検索エンジンにインデックスする」ための設定を忘れてしまい、検索エンジンに登録されず、GoogleやYahooからの流入がなかなか増えないというようなこともあるので、設定変更の忘れがないように気をつけましょう。


【目次】WordPressの使い方

【準備編1】WordPressの使い方:レンタルサーバー・ドメイン・データーベースの登録、設定

【準備編2】WordPressの使い方:インストール手順

【初期設定1】WordPressの使い方:管理画面へのログインとダッシュボード、ブログの表示確認

【初期設定2】WordPressの使い方:タイトルとキャッチフレーズの設定

【初期設定3】WordPressの使い方:アドレス(URL)を変更

【初期設定4】WordPressの使い方:バージョンを最新に更新

【初期設定5】WordPressの使い方:WordPressの使い方:インストール後にサンプルの記事・固定ページを削除

レスポンシブWordPress

WordPress関連記事

Ad
by
IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。