WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)
Ad

WordPressで記事を書くときのエディタには2種類あり、ビジュアルエディタとテキストエディタが用意されています。

今回はその2つのエディタの違いと使い方についてご説明します。

  • ビジュアルエディタの使い方
  • テキストエディタの使い方

ビジュアルエディタの使い方

まずはビジュアルエディタの使い方について説明します。

管理画面にログインして、左のメニューから「投稿」>「新規追加」を選択してクリックすると新規追加ページが表示されますので「ビジュアル」のタブをクリックします。(初期表示状態で「ビジュアル」が選択されています)


WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

ビジュアルエディタでは、文字を太文字にしたりフォントを変更したり、画像を追加したりしながら都度、表示状態を確認しながらテキストを入力することができます。

以下のようなテキストを入力してみます。


WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

「岩手に遊びに行きました」を選択状態にして「打ち消し」のアイコンをクリックします。


WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

選択した文字に打ち消しの線が表示されました。

このようにビジュアルエディタでは、編集した内容を即時表示して確認しながら入力することができます。


WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

WordPress:テキストエディタの使い方

次にテキストエディタの使い方について説明します。

テキストエディタを利用するときは「テキスト」タブを選択してクリックします。


WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

「新幹線」を太文字に変更してみます。

対象の文字列を選択して「b」のアイコンをクリックします。


WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

「新幹線」の文字列の部分がタグが設定され太文字が設定されました。

WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

設定した内容はhtmlタグの状態になっているので、表示を確認したい場合はビジュアルタブを選択してクリックします。

太文字で設定した状態を確認することができました。


WordPressの使い方:エディタの使い方(ビジュアルエディタとテキストエディタ)

アイコンに存在しないタグやjavascriptを使いたいときは、テキストエディタでタグを直接入力することになりますので、状況に応じてビジュアルエディタと使い分けるようにしてみてください。


【目次】WordPressの使い方

【記事の投稿1】WordPressの使い方:記事を新規投稿

【記事の投稿2】WordPressの使い方:投稿済みの記事の編集

【記事の投稿3】WordPressの使い方:投稿済みの記事を削除

【記事の投稿4】WordPressの使い方:投稿記事にカテゴリを設定

【記事の投稿5】WordPressの使い方:投稿記事にタグを設定

【記事の投稿6】WordPressの使い方:投稿日時を指定して記事を投稿

【記事の投稿7】WordPressの使い方:投稿記事を非公開に設定(パスワード設定)

【記事の投稿8】WordPressの使い方:記事をブログの先頭に固定で表示

レスポンシブWordPress

WordPress関連記事

Ad
by
IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。