WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

WordPressの使い方:タグの設定

Ad

WordPressの使い方:タグを新規作成

WordPressではタグを作成して記事に設定することができます。記事にタグを設定することで記事の重要なキーワードで分類することができるようになります。


【目次】
  1. タグを新規作成
  2. タグの編集と削除
  3. タグクラウドを設定
  4. タグ別アーカイブを表示

今回は新規にタグを作成する方法についてご説明します。
作成方法は、
  • 事前にタグを作成しておく方法
  • 記事を投稿するときにタグを作成する方法
の2つがあります。

事前にタグを新規作成する

まず管理画面の左のメニューから「投稿」>「タグ」を選択します。

WordPressの使い方:タグの設定

タグページが表示されます。

WordPressの使い方:タグの設定

新規タグを追加するときは「名前」と「スラッグ」を入力して「新規タグを追加」ボタンをクリックします。

「説明」は入力しなくても基本的には表示されないので問題ありませんが、テーマによっては表示されるものもあるようです。

WordPressの使い方:タグの設定

「スラッグ」は日本語でも入力できますが、パーマリンクの設定によって、URLの一部になるためできる限り半角英数字とハイフンを設定するのが好ましいです。

新規作成したタグが一覧に表示されていることが確認できました。

WordPressの使い方:タグの設定

記事作成時にタグを作成する

次に記事を作成するときにタグを新規作成する方法になります。

それでは新規記事を作成していきます。

WordPressの使い方:タグの設定

タグの入力領域に設定するタグを入力して、「追加」ボタンをクリックします。

入力したときにこれまで作成していないタグがあると自動的に新規タグとして作成されるようになります。

複数のタグを入力するときはカンマ区切りで入力します。

WordPressの使い方:タグの設定

入力したタグが追加されました。

WordPressの使い方:タグの設定

タグの一覧を確認すると新規作成したタグが表示されていることを確認できます。

WordPressの使い方:タグの設定

記事を投稿するときに作成したタグはスラッグを設定することができないため、入力したタグと同じものが設定されます。

必要に応じてスラッグを変更するようにしましょう。

次のページ ▶ 「WordPressの使い方:タグの編集と削除」について紹介します。

Ad
by

IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。