WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

Web関係者は知っておくべきGoogleChromeデベロッパーツールの使い方

Ad

Web系の開発でJavascriptのエラー調査、デザイン崩れの調査などのデバッグに便利なデベロッパーツール。

開発者やデザイナーのほか、Web担当者も知っておくことで便利な機能があります。

機能は豊富にありますが、今回は基本的な機能と使い方についてご紹介します。

デベロッパーツールの起動方法

デベロッパーツールはChromeブラウザ使っている状態で以下のようないくつかの起動方法があります。

  • 右上のメニューアイコンから[その他のツール]>[デベロッパーツール]を選択する

    Windowsの場合:Ctrl+Shint+I
    Macの場合  :Cmd+Opt+I

  • F12(Windowsの場合のみ)

  • サイトのページ上で右クリックをして、[検証]を選択する

デベロッパーツールの基本機能

Web関係者は知っておくべきGoogleChromeデベロッパーツールの使い方

Webページの要素を確認

①を選択するとWebページの要素を選択して確認できます。

矢印をクリックしてWebページに矢印を当てるとWebページの要素にフォーカスして確認することができます。


スマホ表示の確認

②を選択するとスマホ/PCの表示切り替えをすることができます。

クリックしてから[F5]を押すことで、スマホ表示に変更することができます。

スマホの実機を使用しないで、表示や動作確認ができるので便利です。

閲覧したいデバイスを選択

Web関係者は知っておくべきGoogleChromeデベロッパーツールの使い方

「iPhone6」の横の「▼」を選択すると、イメージのようにスマホの表示切り替えた際に閲覧したいデバイスを選択することができます。

また表示されたディバイス以外にも一番下の「Edit…」を選択すると右側に表示されていないデバイスや自分でサイズを設定することができます。


その他の機能

③に機能が一覧で表示されています。

Elements

タグの要素とスタイルを確認することができます。表示されているページのコードを編集して確認することができるので、変更内容をその場で見たいときに便利です。

Console

JavaScriptのエラーや警告の情報が表示されます。JavaScriptがうまく動かないときはここを確認しましょう。


Sources

サーバ上のファイルと構成を確認することができます。


Network

Webページにアクセスしてからの通信内容を一覧で確認することができます。ページの表示速度が遅くなっている時に原因を特定するときに利用します。


Timeline

UI(ユーザ・インタフェース)に関わる表示について確認してチューニングする部分を洗い出します。表示上のパフォーマンス改善をするときに利用します。


Profiles

JavaScriptのCPU負荷やメモリ使用量を確認することができます。


Resources

HTML、CSS、画像などのファイルやセッションストレージ、Cookieなどに保存されたデータを確認することができます。


Security

HTTPS接続の状態を確認することができます。有効なTLS/SSL証明証を使用しているか、安全なTLS/SSL接続であるかがわかります。


Audits

Webページを最適化するときに改善事項を推奨してくれる機能です。


【関連記事】

Ad
by
IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。