WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

Ad

PS Auto Sitemapとは、WordPressで作った記事をサイトマップのページとして自動で作成するWordPressプラグインです。

サイトマップを自分で作ると、記事の追加削除で毎回編集しないといけませんが、PS Auto Sitemapを使うことですべて自動化されるようになります。

今回はPS Auto Sitemapの設定方法についてご説明します。

PS Auto Sitemapを設定

まずは管理画面の左メニューから「設定」>「PS Auto Sitemap」をクリックします。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

PS Auto Sitemapの設定画面が表示されます。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

出力対象の設定にチェックをします。

ホームページの出力サイトマップにホームページのトップを出力する場合はチェック
投稿リストの出力サイトマップに投稿ページを出力する場合はチェック
固定ページリストの出力サイトマップの固定ページを出力する場合はチェック

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

「サイトマップを表示する記事」はサイトマップを表示するために必要な固定ページのページIDを設定します。

固定ページのページIDの取得方法については後述します。

「出力階層制限」はカテゴリに階層構造で設定している場合に出力制限をかけたい場合の設定です。

選択した階層以降は表示されないようになります。

「先に出力するリスト」「カテゴリーと投稿の表示」は任意で選択しましょう。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

サイトマップに出力したくないカテゴリ、記事を指定します。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

「スタイルの変更」でサイトマップのスタイルを好みやブログの特性に合わせて変更します。

「キャッシュの使用」はキャッシュを使う使うことで表示を早くすることができます。

ただし、すでに他のキャッシュのプラグインを利用していると競合するので、競合するプラグインを利用していない場合にチェックしましょう。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

設定画面の一番下に次のような記載があります。

サイトマップを表示するための固定ページの設定に必要なのでコピー用にテキストを残しておきます。

<!-- SITEMAP CONTENT REPLACE POINT -->

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

設定が終わったら「変更を保存」をクリックして設定内容を保存します。

固定ページを作成する

サイトマップを表示するための固定ページを作成します。

サイトマップのページタイトルを入力して、記事にはサイトマップ表示用のタグを入力します。

「テキスト」タブの状態で入力しないと設定が認識されないので注意しましょう。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

投稿後に表示されるURL表示欄の部分にページIDがありますので、設定画面にて入力します。(編集時のURLにも表示されます)

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

ページIDを設定してサイトマップの確認をする

PS Auto Sitemapの設定画面に戻ってページIDを設定します。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

固定ページ一覧からサイトマップの「表示」リンクをクリックします。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

サイトマップのページが正常に表示されました。

WordPressプラグイン:PS Auto Sitemapの使い方・設定方法

WordPress関連記事

WordPressプラグイン関連記事

WordPressテーマ・テンプレート関連記事

Ad
by
IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。