WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

SNSに便利。URLを短縮できるショートURLサービス。

Ad

ショートURL(短縮URL)について

まずは、ショートURL(短縮URL)とは。

そのままURLを別の短いURLにしてくれるサービスです。

例えば、日本語URLやGoogle MapsやAmazonなどのショッピングサイトの商品URLは長くなったり、リンク切れになったりする場合があります。ショートURL(短縮URL)にアクセスすると指定したURLへ転送してくれます。

ショートURLを使うメリットは?



  • Twitterやメールなどで長いURLを短くできる
    Twitterは文字数140文字までです。アメリカの報道ではTwitterでは文字数制限を撤廃を検討しているとも言われていますが、今のところまだ制限はありますし文字数制限があると便利なサービスです。あまり長いURLになるとリンクが途中で切れてしまうことを回避できます。
  • テータ解析できる
    クリック数など解析ができるようになっています。


ショートURLを使うデメリットは?

  • なんだろうこのURLと怪しい。
    短縮URLは認知されているため、有名なサービスを使えば少しは回避できる。
  • サービスが終わってしまう。
    これはサービスに依存してしまうため、ショートURL(短縮URL)サービス以外でも言えることです。信頼できる有名なサービスを使うほうがあとで少しは回避できる。ただ、自分で行っているサービスでない以上こちらは理解して利用するしかありません。


ショートURLサービスまとめ



ショートURL(短縮URL)サービスを紹介していきたいと思います。

GoogleのショートURLサービス



Googleが提供しているという安心できるサービス。Googleアカウントでログインして使用することで、過去の作成したURLの履歴やデータを解析することができます。

googleurlshortener

  1. URLを入力:こちらに短縮したいURLを入力します。
  2. 「Shorten URL」をクリック
  3. ③コピー:右に表示されたURLをコピーするこちらをコピーしてSNSなどに貼り付けると利用できます。
下にリストが表示されており、過去に作成したURLのリストが表示されます。
「Details」をクリックすると解析結果を見ることができます。




bitlyのショートURLサービス



bitly bitly02

bitlyは老舗のショートURL(短縮URL)サービスです。 フェイスブックやツイッターのアカウントからでも新規登録が可能でカスタマイズも可能。

  1. TOPページ右上に短縮したいURLを入力
  2. 短縮したいURLを入力すると自動でページが移行しショートURLが表示される



上記以外のショートURLサービス


  • ow.ly
    Hootsuiteが提供している短縮URLサービス。
    「Hootsuite」は複数のSNSアカウントを一元管理できるサービス(最大3ユーザーまでは無料)。
  • tinyurl.com
    老舗の短縮URLサービスで
  • go.ascii.jp
    株式会社KADOKAWAが提供している国産の短縮URLサービス。


他にもいろいろなサービスはありますので、メリットやデメリットを把握したうえで使いやすいサービスを選ぶといいでしょう。


【関連記事】
Ad
by
IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です