WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

ビジネス:技術関連企業の起業コストランキング2016

Ad

イギリス系不動産サービス大手ナイトフランクが発表した「技術関連企業の起業コストランキング」。

世界27都市を対象に調査を行い、技術関連企業が集積する地区の600平方フィート(約55.7平方メートル)当たりのオフィス賃料を比較したもの。

技術関連企業の発展は社外への影響も大きく、世界中が注目する産業分野とひとつだ。その発展には、起業に伴うコストも大きく関わってくる。対象エリアのオフィス賃料を比較した今回のランキングでは、イギリスとアメリカの都市が1~3位を占めた。そんな中、シンガポールの科学技術パーク「ワンノース」が10位にランクインした。オフィスの年間賃料は、600平方フィート当たり3万9,088米ドル(約399万円)、共同ワーキングスペースのオフィスでは2万3,105米ドルで、通常のオフィスに比べてコストを40%も低減できるという。ナイトフランク・シンガポールの幹部、カルビン・ヨー氏は「シンガポールで技術関連企業が急増した2年前は、中心業務地区(CRD)にオフィスを構える企業が多かったが、今ではそうした傾向は見られなくなった」と説明している。

順位 都市名 調査対象地区
1 ロンドン ショアディッチ
2 ニューヨーク ブルックリン
3 サンフランシスコ ミッド-マーケット
4 パリ 第1、2、9地区
5 ボストン シーポート地区
6 ダブリン ドックランズ
7 ロサンゼルス プラヤ・ビスタ
8 香港 サイバーポート、薄扶林
9 北京 中関村
10 シンガポール ワンノース

ビジネス関連記事

Ad
by

IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。