WordPressやWebデザインなどに役立つ情報をご紹介

ビジネス:アメリカで最もイノベーションに適した州ランキング2016

Ad

アメリカの資産管理サービス「ウォレットハブ」が発表した、「2016年州経済ランキング」。

「ハイテク産業の割合」、「1人当たりのベンチャー投資額」、「科学者やエンジニアの就業率」、「起業家の割合」をもとに総合的に評価し、順位付けしたもの。

経済大国アメリカでは、絶えず新しい産業が生まれている。それには、至る所で“発展の途”が開かれていることが、少なからず影響している。起業熱が高まり続けるなか、今どのエリアの可能性・多様性が加速しているか。州経済を評価したランキングから、「産学連携」や法規制、エコシステム(生態系)、コスト、市場など、各州の特性が見えてくる。

 1位には、MITやハーバード大学発の起業家が増え、ロボット産業にも注目が集まるマサチューセッツ州が選ばれた。ハイテク産業が集積する環状線「ルート128」も、活気を取り戻しつつある。

 このほか、特に個性的なのが5位のコロラド州だ。大麻の合法化により、「大麻スタートアップ」が誕生。各地から起業家志望が集まり、“イノベーション・ハブ”に成長した。また、航空宇宙開発企業が数多く拠点を置くメリーランド州が7位に選ばれた。近年は、スポーツ用品メーカー「アンダーアーマー」も知名度を高めている。

起業においては、内容と同等もしくはそれ以上に、「どこで」という要素が非常に重要になる。世界中が“第2のシリコンバレー”を目指すなか、多彩な特性を持つアメリカの州から、自国のシリコンバレーを超える地域は出てくるだろうか。

順位 名前
1位 マサチューセッツ州
2位 カリフォルニア州
3位 ワシントン州
4位 ユタ州
5位 コロラド州
6位 ニューハンプシャー州
7位 メリーランド州
8位 コネチカット州
9位 ミシガン州
10位 ワシントンDC

全米で最もイノベーションに適した州は?/Forbes Japan

ビジネス関連記事

Ad
by

IT企業に勤務を経てフリーに。Web制作やWebサービスに関連した役立つ情報を紹介していきます。わかりやすい記事を書くことを心がけています。Apple,Wintersports(Ski,Snowboard),海外旅行が好き。